電話占い師ってどんな人?

電話占い師は姓名判断、四柱推命、西洋占星術、手相やタロットカードなどを駆使して占いをしていきます。対面占い師とは異なり電話を通して声の波動からインスピレーションで相談者の魂を知り、相談者の悩みに対する解決へのお手伝いをしてくれる占い師でもあります。

電話占いでは人に相談できない悩み、誰にも知られずにこっそりと占いをしてもらいたい。そんな方にピッタリの鑑定方法。電話占いでは電話をかけた状態よりも切るときには元気になっている状態を作りだすことが占い師には求められています。対面鑑定との大きな違いは全国どこからでも即時に相談に対応できるポイントです。電話占いサービスは大きな運営会社だと鑑定士が数百人規模でいます。営業時間も24時間、占い師が在籍しているサービスも多いので緊急的、すぐに話しを聞いてもらいたい悩みがあるときにも便利です。

占い師に会いに行く必要もなく固定電話、携帯電話、スマートフォンから鑑定が可能。サービスによってSkypeなど無料電話サービスを利用して鑑定ができるものも存在しています。

一般的に電話占い師が多い時間帯としては午後9時〜午前2時ごろまでが鑑定士の方も多い傾向があると感じています。ベテラン占い師さんであれば本当に多くの人を鑑定してきているので夜中で精神が不安定な状態であっても優しくフォローしてくれたり心の支えになっている方も多いです。

電話占いで多い相談内容

電話占いで最も多いとされている相談内容が恋愛、結婚、不倫、浮気、相性、仕事、人間関係といった家族や親しい友人には少し相談しにくい内容のものがほとんどです。そして電話占いを利用するユーザーは8割〜9割は女性。在籍鑑定士も女性の方が圧倒的に多いです。この理由も単純明快で相談者は女性が多いから同じ性別であり気持ちもわかる女性鑑定士が多いといった結果になっています。安心できますからなね。同じ性別であれば。

そして電話占い師の中には普通の主婦の方もいます。当然、占いに必要な知識や技術は習得しています。電話による占いといったことで店舗も必要ないので育児、家事が終わった夜からバイト感覚で占いの技術がある主婦なども参戦しているのが面白いところです。当然、サービスによっては厳しい審査や面接があるのでそれを通過した一定レベルがあることは保証済み。

このような主婦でも電話占い師をやる背景には、占い師といった職業は資格や年齢の制限がない。必要なのが相手を想いやる気持ち。占いの知識や技術。人生の経験になります。中高年になっても在宅でできれば体力面の心配も必要ありません。

知識や技術が必要なので誰でも簡単、手軽に鑑定士になれるわけではありませんが、昔に比べて占いを学ぶ場は増えてきています。鑑定士の能力向上、資質向上のための専門機関も設立されているほどです。専門機関では能力がわかるように占いの資格を発行していたりします。もし、これから占い師としてデビューしたいのであれば自信と信頼につながる資格でもあるので取得しておいて損はないでしょう。

少し話はそれてしまいましたが、電話占いで多い相談内容としては男女関係が圧倒的に多い。そして人には少し話せないような内容の相談が多いことが挙げられます。人に話せずに心にモヤモヤを抱えている人は電話占いで気持ちをさらけ出して人生のアドバイスをもらうと気持ちが晴れて新しい一歩を踏み出すことができます。気になったらぜひ、活用してみてください。

MENU

Copyright (C) 当たる占い鑑定士を選ぶための選定術 All Rights Reserved.