電話占い師の資質を見極める

良い占い師は人間としては非常に能力が高い傾向があります。それは人よりも強い霊感であったり、コミュニケーション能力、カウンセリング能力などを秘めています。また人生経験が豊富な場合もあります。ここでより良い占い師を見つけるために占い師の資質について深掘りをしていきましょう。

例えば姓名判断、四柱推命のような占術では膨大な知識が必要で鑑定士自身も勉強と経験を積んで初めて高い技術を習得して駆使することができます。同時に占い道を極めるためには膨大な時間、勉強と経験が必要です。生半可な気持ちでは極めることが難しくやはりストイックに自分を追い込む必要もあります。ですから多くの戦術を得意として鑑定歴も長い鑑定士であれば一定レベル以上の占い師である可能性が高くなります。

そして、相談者の心を開くためのカウンセリング能力はもちろん、100%ではなくても近い的中率や満足感を相談者に与えないとリピートされることがなく多くの占い鑑定士の中に埋もれてしまいます。当然それができない占い師は業界からも淘汰されてしまい仕事も長く続くことがありません。

そして勉強や経験があっても占いは相談者と鑑定士の対話がメインとなります。つまり相手に上手にわかりやすく伝える技術も必要。特に電話占いは聞くこと。話すことをリアルタイムでやり取りしていきます。相談者の会話から理解に加えて本心を探っていくことが大切。顔の見えない相手の感情や思考まで察知する必要性があります。それを徐々に相談者に会話させるためにはやはりコミュケーション能力が必要。

悪い占い師は自分にとって都合が悪いような質問や相談内容だとはぐらかしたり、別の話しをする鑑定士もいます。このような占い師は資質がないと判断して早々に電話を切った方が良いでしょう。

良い占い師は相談者が口にしていない言語化できない部分を把握して良い方向に導くことです。つまり相談者に本当に知りたいことはこのことだったと気づかせてあげられる鑑定ことが良い占い師であり、鑑定士としては相談に成功したと言える瞬間でもあります。

次に良い占い師の定義としては本当に心から相談者を癒やしてあげたい。元気にしてあげたいといった気持ちがあること。誠心誠意で相談者と接することができる鑑定士です。占い師の中には非常に強い霊感を本当にもっている方もいます。そのため慢心になり態度も大きい先生がいますが、強い霊感を持っているからといって人よりも偉いわけではありません。

占い師の一言で傷つくようならいくら的中率が高い先生だからといっても良い電話占い師とは言えませんね。そして結果を言いっ放しで放置も良くありません。良い占い師は結果を言ったあとに最善のアドバイスをします。例えば結果が自分の考えにそぐわない場合、それをできるだけ回避するための術や考えを教えてくれます。つまり問題解決方法もセットでアドバイスができないと良い占い師とは呼べません。

少し長くなりましたが、占い師として資質を見極める場合、上記で話した内容で占い師を選定するようにしましょう。いきなり最初から全てを満たす先生に出会うことは難しいかもしれません。何度か違う先生に見てもらいその中から自分と相性や波動が合い、アドバイスも的確な先生をかかりつけに選ぶと人生も楽しくなり嫌なことにも向き合う気力がわく人間になることができます。

MENU

Copyright (C) 当たる占い鑑定士を選ぶための選定術 All Rights Reserved.