相談者は知っておこう占いの当たる確率

占いに過度な期待をする方もいますが、本来は占い結果を聞いてどのように行動するのかが大切であり、占いで言われたことが全てが正しいわけではありません。また占いは全部当たるなんてことはありません。そして100%は絶対にないです。例えば宣伝で100%当たる占いなんてあったら信じてはいけません。

占いの当たる確率と言うのはこんな言葉があるように「当たるも八卦、当たらぬも八卦」とばかりにフィフティで考えておくと良いです。

中には70%〜80%の確率で占ったことが当たる先生もいます。しかし、先生自身もその時にならないとやはり結果が当たっているかはわかりません。そして各占い師自身ある程度は自分の占いが当たる確率というのをわかっています。あえて相談者には言いません。

もし街角の占い師さんが私は60%の確率で占いを当てるよ!なんて宣伝をされていてもあまり興味が湧きませんよね。それと一緒です。占い師の多くは数値にして当たる確率を絶対に表には出しません。

何を基準に占い師を選べばいいのか?

では、占いの確率がわかったところでどういった占い師を選定すれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。
自分の気持ちで確かめるのが良いです。占いを受けた結果、自分の気持ちがどのように変化したのかを感じ取って良い先生を選ぶようにしましょう。ただし悪徳占い師の方は最初はいいことしか言いません。自分のテリトリーに入ってきたら徐々に侵食を始めていきます。最後に行き着く先は必ず鑑定以外にお金を払わせようとするので、そこだけは注意をして占い師さんを選ぶようにしてください。

例えば占いを受ける前は非常に落ち込んでいたとしましょう。鑑定後に今後の指針が見えて少しで光が見えたなら結果として良いことになります。つまり占い後には気持ちが明るくなった。前向きになれたなどの感じ方をした場合、良い先生だったと判断することができます。

私はいつも占いの結果でなく、その後の具体性の高いアドバイスに注目して先生の話しを聞いています。解決方法や開運方法。これらをしっかりと伝えてくれる先生の方が長く付き合える占い師さんになっているケースが非常に多いからです。

MENU

Copyright (C) 当たる占い鑑定士を選ぶための選定術 All Rights Reserved.